鴨料理だるまや

ご宴会・パーティーなどに。鴨鍋の通販、鴨料理なら三重県鈴鹿市のだるまや

商品カテゴリ

HOME»  「鴨」への想い

「鴨」への想い

店主が語るこだわりの数々

店主が語るこだわりの数々  

子供から、ご年配の方まで永く愛されていた「だるまや」の鴨料理。
その幅広い人気の秘密についてこちらでご紹介しています。
そこには守り続けられてきた秘密がありました・・・。

鴨肉にこだわっています

当店でお客様にご提供させていただいている鴨料理の鴨肉はすべて、「バルバリー種」を使用し、調理を行っています。

「バルバリー種」とは、フランス料理に使われる鴨として有名ですが、和食の鴨料理としてもよく使われています。その肉は、鴨に見られる臭みが無く、旨みとコクがあり、脂肪層が薄いこともあって食べやすいのが特徴です。

それだけに、当店で鴨料理をお出しした際にお客様より

「あれ!? 意外とあっさりしてる・・・。」

というお声をよく頂きます。正にその通りで、もともと当店の使用している鴨肉は鶏肉に比べ、

 1.高たんぱく
 2.低脂肪
 3.後味もヘルシー


という特徴を持っています。故に女性のお客様やご高齢の方でもお気軽にお召し上がり頂け、永くご愛好頂いている秘訣となっているのです。
 
鴨なべ

 

鴨鍋に相性ぴったりのお野菜は・・・

当店の鴨鍋の相棒として、中に入れるお野菜も常に相性を考えています。こちらでは、店主である私がおすすめするお野菜をピックアップしてみました。

鴨鍋の調理・材料のご参考にどうぞ。
 
■全体的なお野菜の下ごしらえ・調理に関して
・お野菜をしっかり煮込まれる方 → 多少大きめのカットがおすすめです
・お野菜はすぐに食される方    → 小さめ・薄めのカットがおすすめです。
・おだしの量が少なくなったら   → 「おだし」自体の継ぎ足しより、お水を足すのがおすすめです。
 
■おすすめお野菜
・ごぼう 火の通り具合・風味の出方より「ささがき」を強くおすすめします。
・白ねぎ 風味が鴨とベストマッチ、いわゆる「鴨ネギ」です。「笹切り」だと調理時間も短縮。
・えのき 風味主張の少ない「えのき」は鴨の旨みを、十二分に吸って、食感もプラス。
・せり 青物野菜の中では水分量も少なく、おだしの濃淡の調整が簡単で風味もアップ。